植物工場では野菜が年20回以上も収穫・・

野菜工場
植物工場(しょくぶつこうじょう)とは、閉鎖的または半閉鎖的な空間内において、主として植物を計画的に生産するシステムのことです。
安全な食料の供給、食材の周年供給を目的とした、環境保全型の生産システムで、この管理の元に栽培する方法を工場栽培と呼ばれています。

植物工場には、閉鎖環境で太陽光を使わずに環境を制御して、周年・計画生産を行う「完全人工光型」の施設と、温室等の半閉鎖環境で太陽光の利用を基本として、雨天・曇天時の補光や夏季の高温抑制技術等により、周年・計画生産を行う「太陽光利用型」の施設の2種類があります。

通常は養液栽培で植物を生育させ、自然光または人工光を光源とし、二酸化炭素施用により二酸化炭素飢餓を防止しています。
農地法により、企業として農地の取得が極めて困難なため、通常の土地に植物工場を建設し、農作物を栽培をするというケースが増えています。
第171回国会で農地法改正の審議が行われ、一般の株式会社、NPO法人など、農業生産法人以外の法人であってもリース方式で農地の権利が取得できるようになるようになるため、今後、企業の農地上への参入がしやすくなると期待されています。
近年では大手企業が野菜を育てる植物工場を経営しており、野菜工場という名称で認知度が広がっています。(カゴメ等・・)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
posted by ヤサイファクトリー at 16:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。