太陽光利用型の植物工場とは・・

太陽光利用型の植物工場は、太陽光を利用するもので、ガラスハウスなどと呼ばれ、ビニールハウスとの違いも難しく、実際にはどの程度までの施設が植物工場とするかその定義は明確ではありません。

光源を主として太陽光とすることから、完全制御型の植物工場ほどの高効率、周年生産は不可能ですが、設備費用や光熱費を低く抑えることができます。そのため完全制御型の植物工場では採算の合わないものについても生産が可能です。

* 施設により、人工光による補光を行うものと、施設により、半閉鎖的なもの。
これは太陽光による温度の上昇に対処するため、開閉可能にして外気を導入するためです。この場合には、細菌等の侵入もあるため、農薬も必要となります。

* 施設により、部分冷却等が行われるもの。
これは、施設の上部を開閉し、温度上昇に対して、空調費を抑えるため、植物体や、あるいはその一部に対して、冷却を行う方法です。
posted by ヤサイファクトリー at 16:16 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。