植物(野菜)工場の起源

臨床時間生物学
1957年にデンマークのクリステンセン農場がスプラウトの一貫生産を行った最初の植物工場だといわれています。
日照時間が非常に短い季節がある北欧では、夏の短い日差しを浴びようと人も公園などで上半身裸になり日光浴をしている風景などよく見かけることがありますが、植物にとっても日照時間が短いと育ちがよくないという欠点を補うために補光型の生産が昔から行われていました。それを基礎として、欧州各地で高度な園芸が発展してきたという経緯があります。
posted by ヤサイファクトリー at 16:19 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。