植物工場の今後の展開(企業期待は大・・農家は・・)

現状の農家の生産状況と比較すると夢のようなファクトリー計画で、消費者にとっても、企業にとっても有望な産業になると期待しつつ、将来、農家を廃業に追い込むことにつながらないかという不安もあります。

発展・・・
植物工場の高度な生産管理技術と遺伝子組み換え技術の組み合わせにより、サプリメントや特定保健用食品(トクホ)、医薬品、漢方薬の薬草等を製造する・・・

近年、中東・東南アジア地域でも、生鮮野菜の需要が高まっており、水資源を有効活用できる完全人工型植物工場をプラントとして海外輸出することも想定・・・

中国においても生鮮野菜の需要高まっており、現在、園芸施設が急速に普及していることから、太陽光利用型施設に関しても海外輸出が期待できる・・・
posted by ヤサイファクトリー at 16:19 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。